お知らせとお願い


お願い!
場所取りは禁止です。入漁証をお求めの上釣り座にお入りください。
入漁証は見えるところに付けてください。
中学生は身分証が提示されませんと、割引はされませんので保険証や生徒手帳等をご持参下さい。

場所取り禁止について
開店前の釣り座の場所取りは禁止です。受付前にお並び頂くか、開店まで車などでお待ち頂く場合は荷物等を置いてお待ち頂いても構いません。
但し、トラブル防止のためお一人様1つの荷物(5人分のときは5つ)を置くようお願い致します。荷物等の紛失は一切責任を負いませんのでご了承下さい。

追記
入り口ロープ開放前に受付に置かれたお荷物については無効となります。スタッフが解放後(4時頃)入場できます。宜しくお願いします

※釣果報告の写真撮影について
写真撮影はキープされるお客様のみとなります。リリースされるお客様はご遠慮下さい。


☆お知らせ☆
11月24日(木)より冬季営業時間になります。
~11月23日(水)8:00~21:00
11月24日(木)~8:00~19:00
宜しくお願い致します。

☆平日も放流2回!実施中です

平日の放流量がアップします。放流時間は受付にてご確認下さい。
※雨天時は変更になる場合もあります。

ルールに関するお知らせ
●トリプルフックの 使用が禁止になりました。
(お知らせ)
●BBQでの酒類のお持ち込み・飲酒は禁止となりました。
●場内分煙となります。喫煙は灰皿設置場所にてお願いします。
(受付・BBQ場横・下池休憩所)
●忘れ物のお取り置きは6ヶ月を上限に処分させていただきます。あらかじめご了承下さい。


●いっぱいになったスタンプカードは、BBQやエサ釣りで使う事も出来ますが、ルアー・フライでのご利用の際は、3時間分だけではなく、一日券(一般4900円から)3時間券の2950円分を引いて精算が可能です。
受付の際に、いっぱいになったカードとご利用時間をお伝え下さい。

☆アルコール類の持ち込み・飲酒について

昨年より場内において、アルコール類の飲酒は禁止となっておりましたがこの度バーベキューを利用しない、ルアー・フライ・エサ釣りのお客様に限り飲酒を解禁させて頂きます。ベンチ・休憩所などをご利用下さい。
尚、引き続きバーベキュー中、及びバーベキュー場での飲酒は禁止となりますので宜しくお願い致します。

次回の無料イベントのお知らせ
 オフィス ユーカリ様 受付横にて3月19日 日曜日 9時から15時頃

水温 約13.5度~15.0度 (日中の水面付近)で推移。平日放流は11時頃です。土日の放流は人数にもよりますが、晴れていれば4回程度(上下池)ミックスポンドは
午前、午後各一回を予定しています。上下の池は2時間置き程度で放流が組まれます。詳細は当日の受付前のホワイトボードにて発表します平日は午前11時(毎日)と午後も放流を予定します(雨は中止の場合あり)午後の放流はスタッフの関係上13時から15時と不確定ですので
外出される際は受付で放流の有無を確認して下さい。

過去の「あれこれ日記」はこちらです。




2017年2月20日月曜日

凄い風です。こんな次の日は花粉症の方が気の毒でなりません。今のところ
私は縁が有りませんが、許容量が満タンになると発症するという厄介なアレルギーらしいですね。
狩野川や芦ノ湖に通う釣り人としては、あれほど気持ちのいい空気を深呼吸できないなんて
もったいない限りですが、山の木々が黄色い花粉を吹き上げている様を、遠目からでも
ハッキリ確認できるので、深呼吸も自重したくもなります。
縁が無いとはいってもここ数年怪しいもので、風邪と偽って気を張っている節もあるような・・
これからの季節どんどん釣りモノが増え楽しくなります。季節の変わり目に差し掛かって
きましたので、体調を整えて釣りに出かけましょう。

2017年2月19日日曜日

おやつをもらって上機嫌な戸祭氏。本日はリプライ様とアーキテクト様のイベントが
ありました。トップウォーターはヒットの瞬間が見えるのが楽しいところ。
トップウォーターよりスプーンやプラグの方が釣れると思っていたお客様に、ハリが付いた
ルアーを投じるのですから、トップウォーターが不利だという理屈は無いはずだ!って
やんわりトップへ誘うと、それなりに釣れていました。掛からなくても出ただけでも楽しめる
ますし、周りが投げていなければチャンスは余計に増えるものです。


           

2017年2月17日金曜日

朝は南よりの温風。大風吹いて曇って雨。で西よりの冷たい風で、魚は次第に沈むと・・
春一番もといっていましたが、思ったより暖かくなかったので、どうだったんでしょうか。

一日券で釣りをするとして今日のように段々魚の活性が落ち着いてくると、印象もシリキレトンボ
のようで、よろしくありませんが、放流以外のどこかに、「今日のハイライト」が有ると思われます。
たとえ小さなものでも釣りを振り返ればアレか?なんて事は管釣りでもネイティブでも起こります。
まぁネイティブの場合気がついたときには、手遅れな事は身を持って痛い目に遭っていますので、
承知しております。追いが良くなったり、少し浮いてきたとか、僅かな変化を感じる洞察力的が
特に赤身のようなスレた大型魚には、釣り易いタイミングと思われます。必ずでは有りませんが
風の吹き始め、終わり、雨も然り。晴れから曇り、逆もまた、そんなタイミングです。

2017年2月15日水曜日

アングリング・ファン緩い系大人気連載。「美女と野獣」ではなく水面楽釣のリプライの
戸祭氏が取材していました。トッププラグ縛りですので、魚が浮き気味のミックスポンドを・・
とおススメしておきましたが、心配無用とばかりに上の池から順に釣果を伸ばしていったようです。
トップゲームでは釣れそうな個体や掛けるタイミングなど、クリアウォーターならではのテクニック
的なレクチャーが入りそうで入らない、感性で釣る天才肌。ですが、常に笑いを探す小難しいこと
無しの面白い釣り芸人を展開する同氏。
19日の日曜日に、そのリプライ様とコレまた天才肌、首藤武蔵さんのアーキテクト様が
イベントを行います。お楽しみに。


2017年2月13日月曜日

某メーカー様の話によると、今年のフィッシングショーに登壇してもらったユーチューブ職人さんが
並み居る有名プロアングラーの非ではないお客さんを集めていたようで、釣りの業界にもSNSが
深く浸透している時代の変化を感じざるを得ません。
何が来るか分からない時代ですので、お客さんの志向を敏感に察知していないと取り残されて
しまいそうです。大物志向、数志向、拘り派志向・・・釣り人のニーズはかつてより、多様化し
高く、ピンスポットを指してきます。コレも健全な拘りの一端なのかもしれません。
そんなわけで日々の放流は続くのです。

2017年2月12日日曜日

一月の後半にインフルエンザなぞにかかっていたため、燻製の仕掛かりが途切れて
しまいました。現在売り切れ中で申し訳有りません。そもそも、燻製工程はソミュール(塩漬け)に
漬けてから出来上がるまで、早くて一週間。その空白の数日が今になって響いている訳ですが
焦って仕上げても仕方有りません。拘り始めたらキリがありませんが、拘らなければ
大量生産の工業品となんら変わらないのです。と、品切れをかっこよく言い訳するワタクシ。
年々手間数を増やしているので、もう少しお待ち下さい。

2017年2月11日土曜日

天気予報でも聞かされていなかった雪でしたので、多くの方の出足に影響したようです。
そんな中、東京から5時間掛けて赤身を是が非でもと・・・なんて方もいらっしゃって責任の重さを
感じるのです。一般的なニジマスも40センチくらいは有りますので、それなりに楽しまれて
いましたが、受付に赤身使用の燻製を「売ってます」とお伝えしておきました。
結果はタイムアップまでのお楽しみですが、味わうことで次へのモチベーションになってくれればと
思います。
 
数時間で雪は消えました。。。

2017年2月7日火曜日

自身のお休み釣行計画を企てるが・・・寒さと釣れなさから安定釣果の手前味噌なすそぱに
なりそう。オフショアもギャンブルチックですし、スタッフ特権の「安、近、短」
解禁前のトレーニングとしてはミックスポンドはうってつけ。大型の個体が居ないので朝一の
お客様はみんな大物狙いでミックスポンドはガラガラ。そんなわけで朝からライズが多く
見えていますし、若干大きめの固体が放流されていますので、慣れない細糸を使っても
いいですし、フライだけを見せるティペット処理やそもそもアキュラシーを思い出さなきゃ・・・


2017年2月5日日曜日

久しぶりの雨となりました。乾燥しっぱなしで流行の風邪が落ち着いてくれるといいですが
週末に降らんでもいいでしょ!?ってお外の商売人は思うのです。
そう冬は雨の予報が出ただけでも出足に響きます。寒い思いをしてまで釣りしようって
思ってくれるのは、過去に良い思いをしたか、頭のどこを割っても「釣り」が出てくるツワモノ
でしょうか?いやいや、どの道良い思いを経験しちゃうと、脳内釣り一色になるものです。
経験者の私然り、いずれ時間の問題なのかもしれません。お気をつけ下さいね。
そんな状況下ですので雨が降り出した午後には入れ食いタイムも堪能できたようです。
雨は思わぬチャンスがあるものです。

2017年2月4日土曜日

日本では未だマイナースポーツの部類になりそうな「アメリカン・フットボール」来週の月曜に
いよいよスーパーボールです。正月特番でパナソニックのエースQBの高田選手が日本への普及のために出ていました。
メジャーになれない理由はルールの分かりにくさがありますが、単純にフィジカルの強さだけ
見ていてもスゴさは分かります。後は徐々に魅力にはまっていくだけです。
何でスポーツ話しているか?って。エリアにはルアーとフライが出来ますが、私の好むフライも
結構マイナー。おそらく釣れるのは見ていて分かりそうですが、やらない方の理由の多くは
アメフトを見ないのと似て、分かりにくそうだからでしょうか?やる気の一歩を踏み出せればエリア側でサポートもあります。簡単に釣果に結びつけることも、果てしなくコアな釣りを追及するのも
釣り人次第の奥深い世界があります。

2017年2月3日金曜日

夕方4時頃に出ていた18番くらいのコカゲロウのスピナー。春ですね。。。
波っけやラインの干渉次第でライズも見られます。
十字効果とか言うらしいスピナーの形状は魚の本能でエサの
認識が有るようで、普段ペレットガツガツでもコレにめがけて浮いてきます。
足元に居たとはいえ、最近のデジカメってココまで拡大して撮影できるので、
タイイングするのにとっても参考になります。
 

2017年2月2日木曜日

湧水掛け流しのエリアですので一番低い所の水温で13度。真冬は外気の寒さに影響を受け
ますが、水生昆虫のハッチ(羽化)が安定してみられます。さすがに真冬ですのでまとまった
量ではありませんが、お昼前からユスリカ、ガガンボ、コカゲロウなど昼過ぎにはカディスも
見え、水面を賑わしています。ポカンと浮かぶ水生昆虫の姿に初見の魚は水中で右往左往。
確認に来ても水面の寒さにUターン。自分の釣りなら水面に出る魚を追いかけるところですが、
手っ取り早く釣って頂くためには、沈めるに限ります。風が弱ければ水面直下への反応も良好
です。
          カディス系ソフトハックル増産しておきました。

2017年1月30日月曜日

お客さんに色んな差し入れを頂き、すっかり贅沢になったコユキ。
野良上がりの割りに二重あごになり、ご飯は有るのに違うものよこせの請求スりスリ。
まぁ私は負けませんけどね。同じものばかりじゃ飽きるのは魚も同じ。違うルアーにとっかえ
ひっかえ出来る財力があるなら、そうして頂きたいところですが、数個のルアーしか持たされるのが許されていなかったエリア覚えたての子供の頃から、同じルアーで違うアクションを出すのが、
教えの肝でした。そうすることにより色や形に頼らない(頼れない)安上がりな釣り人(猫)が
出来上がります。まぁ私のルアーのアクションが、コユキが求めるような、美味しいキャットフードに化かせられれば良いのですがね。

2017年1月29日日曜日

 徐々に日が延びてきて、ナイター照明が効き出すのが17時ごろになってきました。
雨天や曇天の日なら活性の上がり方はダラダラと・・ドぴーかんの日中なら日没前一時間前
くらいから回遊しだし、ルアーを追う個体も増えてきます。そんなわけでハイライトは日没の
一時間前後。となりますが、特に土日の一日券のお客様は、放流でご馳走様・・或いは渋滞を
懸念して、じつにオイしい時間をスルーしてしまいます。寒さの厳しくない日は是非そういった
時間帯まで、粘っていただくのをおススメいたします。

2017年1月28日土曜日

明日はアールグラッド様の無料イベントを 受付横にて行います。 9時から15時頃を予定
しています。イベント限定ウエイトの販売(リベロ0.75g)とイベント限定カラーの販売があります。
またスプーンの釣果がいまひとつだとか、そもそもあまり得意じゃない方はお気がねなくブースを覗いてください。きっと知らないことがいっぱい聞けると思います。
毎月どこかしらのメーカーさんに、入ってもらっている月一のイベントですが、なんか
買わされそうだと感じる方もいるようです。メーカーさんにしてみれば知ってもらえるだけでも価値のあるイベントですので、丸腰で覗いてみてください(笑)

2017年1月27日金曜日

冷え込みもひと段落と思っていましたが、風の強い一日となりました。気温は高いものの
曇った強風で、やっぱり魚のレンジは深めのようでした。
明日以降はやや南向きの風が来そうですので、風裏の場所ではトップ系のゲームも期待できる
かもしれません。
管理釣り場ですので、放流は確実に効きますが、在庫の魚さんは気象条件に左右されます。
釣りしながら感じる寒いとか暑いとか体感する感覚は、変温動物の魚はもっと敏感に感じ
取っていて不思議ないんじゃないかしら??ってのは想像の範囲ですけど・・
同じ池で魚が見えたり見えなくなったり、浮き沈みしているのを確認できれば、ヒットパターン
発見の近道になると思います。

2017年1月25日水曜日

手元に届いた今月号の「フライ フィッシャー」フライの専門誌。最近は老眼の進行に伴い
タイイングもロクに進まない怠け者フライ屋。コレを読むとちーとやる気が出てくるように
なってしまった感もありますが、解禁で「ボ」らない為には、各種巻いておく必要があります。
ドライフライでNGなのは沈んでしまう事。と同時に時として浮きすぎるモノ。ウブなウチの魚なら
問題ないかもしれませんが、河川で本物の虫を食べている魚は浮き方からしてウルサイのです。
浮いて見やすいのはコチラの都合。でも魚にとって浮きすぎたフライは、違和感や鳥に狙われる
可能性の高い危険なモノ。なんにせよ「難しさが面白い」痛痒い釣りがもうしばらくで開幕です。

2017年1月23日月曜日

インフルエンザなぞ掛かってしまった先週。大変ご迷惑をお掛けし、久しぶりの
出勤となり、すっかり空っぽになったフェザージグをフルスロットルで巻いてみましたが
ありがたいことに右から左へ売れていく有様。
フライパターンから流用しているオリジナルのジグですが、ラインアイに引かれてキール姿勢
(フックポイント上向き)で泳ぐため、着底時の根掛りが少なくなっています。スイム姿勢が
ぺしゃんこにならないようにアンダーウィングを配し、また細かなフリューをもつマテリアルを
前面に立て、横移動でも動きを出せるようになっています。サイトしやすいように飛距離が
出にくい軽いウェイトで作っています。ストップ&ゴーで使う場合も、とまった瞬間にホンワカ
シルエットを変えるのも、バイトさせる肝のように思います。


2017年1月16日月曜日

数年に一度の寒波と言うだけの事もあり、痛くて寒い朝です。前日の夕方には0度近くまで
冷え込み、おそらくラストの19時まで釣っていたら、ラインやガイドが凍ったのではないでしょうか。
最近ではPEラインも増え、この凍りつく状況で使えばキズや摩擦にメッポウ弱いPEは簡単に切れてしまいます。飛距離、劣化の遅さや感度などから重宝されるこのラインも極寒には。といった
訳ですので、ナイロンもご用意されると良いと思います。
今日のような寒さなら、魚は深めに定位していると思われますので、1メートル前後或いは
それ以上深いレンジを探ってみて下さい。日差しが心地よく感じるようになったら、次第に魚も
上ずってきますので、魚を観察しながら組み立てをしてください。

 
朝の受付前・・・
 

2017年1月14日土曜日

降雪、積雪は有りません。
夕方の気温は5度。終日北寄りの風が吹いていて、陽が差していても体感的にはソレ以下な
感じです。最近は防寒や発熱素材が数多く有りますので、昔ほどモコモコした釣り人は見られなく
なりましたが、しっかりした防寒をお願いします。
貼るタイプのカイロは、わきの下や内モモの太い血管に当てるようにつけると、手足の血液が
温まって効果的です。わたくし特に手が冷えるのでカワハギなどの釣りの際は更に手首近くにも
貼ります。で、グローブね。本巣湖修行時代に比べれば可愛いものです。