お知らせとお願い

お願い!
場所取りは禁止です。入漁証をお求めの上釣り座にお入りください。
入漁証は見えるところに付けてください。
中学生は身分証が提示されませんと、割引はされませんので保険証や生徒手帳等をご持参下さい。

場所取り禁止について
開店前の釣り座の場所取りは禁止です。受付前にお並び頂くか、開店まで車などでお待ち頂く場合は荷物等を置いてお待ち頂いても構いません。
但し、トラブル防止のためお一人様1つの荷物(5人分のときは5つ)を置くようお願い致します。荷物等の紛失は一切責任を負いませんのでご了承下さい。

追記
入り口ロープ開放前に受付に置かれたお荷物については無効となります。スタッフが解放後(4時頃)入場できます。宜しくお願いします

※釣果報告の写真撮影について
写真撮影はキープされるお客様のみとなります。リリースされるお客様はご遠慮下さい。

※イトウの撮影、及びキープは禁止です

☆お知らせ☆
3月18日(土)より夏季営業時間になります。
 一日券  8:00~21:00

  宜しくお願い致します。

☆平日も放流2回!実施中です

平日の放流量がアップします。放流時間は受付にてご確認下さい。
※雨天時は変更になる場合もあります。

ルールに関するお知らせ
●トリプルフックの 使用が禁止になりました。
(お知らせ)
●BBQでの酒類のお持ち込み・飲酒は禁止となりました。
●場内分煙となります。喫煙は灰皿設置場所にてお願いします。
(受付・BBQ場横・下池休憩所)
●忘れ物のお取り置きは6ヶ月を上限に処分させていただきます。あらかじめご了承下さい。


●いっぱいになったスタンプカードは、BBQやエサ釣りで使う事も出来ますが、ルアー・フライでのご利用の際は、3時間分だけではなく、一日券(一般4900円から)3時間券の2950円分を引いて精算が可能です。受付の際に、いっぱいになったカードとご利用時間をお伝え下さい。

☆アルコール類の持ち込み・飲酒について

昨年より場内において、アルコール類の飲酒は禁止となっておりましたがこの度バーベキューを利用しない、ルアー・フライ・エサ釣りのお客様に限り飲酒を解禁させて頂きます。ベンチ・休憩所などをご利用下さい。
尚、引き続きバーベキュー中、及びバーベキュー場での飲酒は禁止となりますので宜しくお願い致します。

7月29日(土)
梅雨明け特別放流!

上池・下池1時間1回放流開催します!!
ミックスポンド・通常放流+2回!!



次回の無料イベントのお知らせ
リプライ様 アーキテクト
受付横にて7月23日 日曜日 9時から15時頃

真夏の代名詞 トップウォターで遊んでみましょう。


水温 約15.0度~16.0度 (日中の水面付近)で推移。平日放流は11時頃です。土日の放流は人数にもよりますが、晴れていれば4回程度(上下池)ミックスポンドは
午前、午後各一回を予定しています。上下の池は2時間置き程度で放流が組まれます。詳細は当日の受付前のホワイトボードにて発表します平日は午前11時(毎日)と午後も放流を予定します(雨は中止の場合あり)午後の放流はスタッフの関係上13時から15時と不確定ですので
外出される際は受付で放流の有無を確認して下さい。

過去の「あれこれ日記」はこちらです。

2017年7月23日日曜日

7月29日(土)
梅雨明け特別放流!

上池・下池1時間1回放流開催します!!
ミックスポンド・通常放流+2回!! 

2017年7月22日土曜日

明日の日曜日はトップウォーターの鬼才戸祭氏のリプライ様と、天才ルアービルダー首藤氏のアーキテクト様のメーカーイベントがあります。
笑い有り笑い有りの賑やかなイベントですので、是非お立ち寄り下さい。
お二人とも釣りのテクニックを云々は言わないと思いますが、魚に口を使わせる間合いを
観察していただくと、勉強になると思います。もちろん親切丁寧に教えて下さるお二人ですので
お気兼ねなく質問してみて下さい。

2017年7月21日金曜日

ダイワさんの新商品のカタログ撮影があり、チョろっと覗き見してきました。新商品の性格上、
多くは見せてくれなかったり、持っているアイテムを後ろ手に隠し、エビのようにバックする
開発者さんを何度も見てきましたが、今回はホームページでも発表されているとの事で、
http://daiwa.globeride.jp/column/presso-press/2017/07/2017presso.html
遠慮なく勝手に試投会。フラッグシップ的モデルは手が出ない私として、興味が有るのは汎用性の高いシリーズでは初?天然木のシートにコルクグリップの廉価版。ですが・・・そのクオリティーは
突き抜けておりました。
いまだYガイドのハードロイを使う私にすれば、新商品のクオリティーは浦島太郎の如くでは
ありますが、ちょっと衝撃でした。おススメです。

2017年7月20日木曜日

早いものでお子様の姿がちらほら見え始めました。初めてのエサ釣りにはしゃぐ声。
なんとも夏休みっぽく良いものです。ルアー・フライの方は、上の池とミックスは比較的ボトムより、
下の池は中層より上が狙い目です。
そんな季節ですから週末から始めました。カキ氷。氷は湧き水から出来ていますので、
毎年好評をいただいております。

2017年7月18日火曜日


何年かぶりに発見したタマムシ。おばあちゃんの知恵袋的見方では、着物が増えるとの
俗説から、死んでいてもタンスの中に一緒にしておくと良いと。。。なんだかSNS全盛の
時代において、信じられない風習がついこの前まで我が家にも有ったわけですし、
それなりのお年の方もご存知でしょう。平成生まれの私の姪っ子達はドンビキ確定です。
朝からヒグラシが鳴きカブトにクワガタにカマキリETC・・時には水面に落ち、苛められています。
特にブラウントラウトや岩魚はそういった小さな甲虫系が大好物なので、トップウォーター系を
お試し下さい

2017年7月14日金曜日

梅雨らしいお天気も少ないわりに、このまま梅雨明け宣言的コメントもチラホラ聞こえてきます。
週末三連休は不安定な空模様ながら、なんとなく晴れベースの天気予報が出ましたので、
魚をいっぱい用意してお待ちしておきます。て事となりますが、暑さ対策はお忘れなく
お出かけ下さい。
三連休でお子さんやビギナーさんの来場も予想されますので、明日から川のルアーエリアを
一部を除き開放します。釣りに関してお困りの際はスタッフ、受付にご相談下さい。

2017年7月11日火曜日

下の池は表水温が17度を越え、ストックより2度も高いので、上の池よりベタ底に定位しそうな
魚ですが、案外表層に定位しており、ドライやトップ系にも反応してくるのが、私たちにも理解
できないところ。まぁ反応するのですから、難しいことを考えずに楽しんでいただければと
思います。
放流タイム以外は連続の強波動の動きを嫌いますので、魚が追うスピードやレンジ、動きを
見極めるのが面白いと思います。それほど濁ってはいませんが、強烈な日差しで、目を
焼かないためにも偏光レンズは必要です。

2017年7月10日月曜日

フライロッドを振ったり、雨天時のカッパのフードとの相性の悪さからしばらく
使っていなかった麦わら帽子ですが、夏はそんな大きめな麦わらに手ぬぐいのコンビが
定番。なんだか農家だったお祖父さんを思い起こさせる、地味ーなファッションですが、
涼しくなる最新アイテムが続々登場する中、この定番に勝るものなし。と
までは言い切れませんが、使ってみると日本の先人達の知恵のすばらしさに気付きます。
登場の機会に限定的な部分もありますが、この暑さに新調してみようかと思いました。

2017年7月7日金曜日

暑い日が続いてます。放流前の魚がストックされている水が15度で、一番高い水温が
下の池の16.5度になってきました。毎年もう1度ほど水温が上がりますが、今くらいの
水温から魚の着き位置が夏パターンにかわってきます。
上の池はクリアーな水色ですので、必然的に深いレンジが好まれるようです。放流直後に
うまく魚が掛けられない方は、深いレンジを引けていない可能性大です。放流のお祭りが
終わってもレンジは変わりませんが、大きな波動や派手なカラーは見切られやすくなりますので
それなりにルアーの交換をお奨めします。夕方からナイターはもっと表層に反応してきますので、
トップウォーターはお忘れなくです。

2017年7月4日火曜日

台風の状況により明日は多少の濁りが残るかもしれません。降ってもいないので
分かりませんが、そのくらいの方が活性が上がることが多いので、意外とチャンスかもです。
サイト的な釣りをされる方には不向きですが、一日中濁っていることは、まず滅多に
有りませんのでご安心下さい。
普段クリアーな状況では日中のレンジが深くなる傾向がありますが、濁ってくれれば
シャロー系プラグや軽いスプーンでもイケると思います。

2017年7月1日土曜日

レンタル、レンタル 、レンタル・・並んだ初心者の方達。「さぁ出番です。」
今日はそんなお客様が目立つ日でした。10人の初心者様のグループに入っては、
釣れていない方だけ連れて、川エリアの秘密場所へ。ドフレッシュなお魚さんたちに
助けていただきました。そんな裏技も出せますので、初心者様をお連れのお客様は
一声掛けて頂ければありがたく思います。

2017年6月29日木曜日

食卓に提供する魚は、釣った本人が捌くのが当たり前の我が家。「食べたきゃ捌け。」なのです。
そんな時に捌かなくていいワカサギや手長エビは真にお気楽なターゲットであります。
カワハギやキスしかり、海釣りから戻って道具の塩抜きや片付け。それから釣った分だけ
捌かないと何も始まりません。BBQのお客様にも「アウトドアは男のお仕事」って、えさつりの
魚を捌くよう、はっぱをかけていますし、そもそも命を頂く事に責任を持つ意味でも釣り人が
捌くのが当然なことです。なので、初めての手長エビ。岩の陰からエサめがけてニョキっと鋏が
見え隠れする、一味違ったスリルが超ハマルかも。

2017年6月27日火曜日

リプライ様のプラボム復活です。今回もポップ系、ペレット系、グロー、クリアー系カラーで
相変わらず揃えたくなるラインナップです。サイズもヒトクチ丸呑みサイズなので、
木や崖上から落ちてくる虫なんかを待ち構えている魚にはテンプラキャストのオチパクも
使えそうなテクニックかもです。着水音大きめでお願いします。ノーテクのようですが
ラインスラックが多く、案外出ても掛け難いのも面白いところですかね。
もちろんセオリー通りポッピングも優秀にこなします。

2017年6月26日月曜日

時々水面に浮いてくる泥の塊。流入量豊富な当エリアでも、滞留した流れで、そんな不要なゴミが溜まります。また気象条件によるターンオーバーは避けられません。
そこで本来養殖業者向けに開発された無害の浄化剤セラクリーンを、池の底に撒いたので、
ミックスポンドの底には白い粒粒が沈んでいますが、そういったわけですのでご了承下さい。
順次他のポンドも続きます。鉱物のようで有害物質を分解するバクテリアの
住処にするとかなんとか・・・業者さんの説明は右から左の私ですので、皆さんに伝えきれるわけもありませんが、もっとクリアーに!なる興味や怖さもあり、効果が表れる頃が楽しみです。

2017年6月23日金曜日

真夏のようなお天気になりましたが、日曜辺りからしばらく傘マークの天気予報です。
釣り人は雨がお友達と思っている方には、空いているラッキーな日曜になるかもしれません。
コッチサイドからすれば困った雨も、いずれ、どこかで降らないともっと困るので、
「雨でも放流はしますよ」とチラシを撒いておこうと思う次第。。。もちろん晴れても放流です。
これからの季節、雨でも暑いからカッパを着ない方も多く見られますが、肌の露出はケガやブヨ
などの防虫の点からもリスキーです。

2017年6月22日木曜日

各地にもたらされた昨日の大雨でしたが、下の池に少々の濁りが残った程度です。明日以降
普段の池に戻ると思います。
昼間水が温められると、比重の関係もあって、いつまでも表面の水が残ってしまい、濁ったように
みえますが、まだそれほどの真夏ではありませんで、水温、水色共に問題ないと思います。

2017年6月20日火曜日

フライにした魚にはビールも合いますが、刺身や天ぷら、煮付け
などの日本料理には、やっぱり日本酒が合います。そんな事を語れるほどのグルメでは
ありませんが、日本酒が米でできている証なのでしょうかね。
釣ってるそばから想像だけで口元が緩む事は稀ではありません。
エリアの魚は当たり前ですが、「脂が乗ってから放流」してあるわけですし、美味しくなるように配合されたペレットを食べていますので、味に間違いはありません。数ヶ月前から出荷し始めた
ワインをメインにしてる?「ワイン厨房TAMAYA」さんhttp://www.tamaya-tokyo.com/nezu/
でもここの赤身が食せます。ワインに合う鱒料理。食べてみたいものです。

2017年6月19日月曜日

なんだか夏になってしまいました。今週はソレらしいお天気になるようですが、日中の
日焼け具合は怖いくらいです。日焼け対策は万全にお願いします。
日差しで温められた水面は比重の重い冷たい下層の水に混じることなく、表面に溜まります。
たとえば上の池の下層に元水の15度の水温が有るわけですが、表面は0.5度
高くなります。そんなの誤差だといっても体温調節の出来ない魚にしては大問題なようです。
魚の見える深さをトレースする事がヒットへの近道です。
 
海も夏っぽくなっていました。キスつりのイソメに飛びつくカンパチのお子様ショッコ。大きくなると
超クレバーなのにね。その頃また遊んでもらいたいものです。イワシの大群はタモで掬えますね。

2017年6月16日金曜日

フェザージグの細かな変更は、皆さんにも気付かれない程度にやってはいましたが、
今回はジグヘッドを小さく重くしましたので、バランスやらナンやらで、使うマテリアルの量を
コントロールしつつ・・とは言えバイトが出れば即採用のゆるーいマイナーチェンジです。
魚が気に入るフォールの速度はその都度変わりますので、多めのマテリアルを、使い手側で
切ったり、ちぎって合わせてね。とは、フライならではのチューンです。
多いマテリアルは水の抵抗になり、減らせばフォールスピードは上がります。逆は出来ませんので、少しずつでお願いします。スイミング系で使う際も量によって動きが変わりますので、含めてお楽しみ下さい。
 

2017年6月14日水曜日

赤身などの大きな魚がフューチャーされがちではありますが、きっと釣ったら驚くだろうなと
思うのが、ミックスポンドにいる岩魚。それもエゾ系の大きな岩魚。もっとレアなドリーバーデン
ほどではないけれどでっかいブルックもいますが、いずれもミックスポンドの中では大型の
40センチオーバーの個体ぞろいなので、日中は深いレンジにステイしています。
放流後時間も経っているので、ピンシャンのヒレで美しさとしてはかなりのものです。釣り上げて
画像を添付したいところですので、岩魚の好物の大きめなドライ(今回はビートルとか)を
使ってみましたが、小さいニジマスが持っていってしまいます。岩魚キラーの王道のミノー
ならいけるかもしれません。