お知らせとお願い


お願い!
場所取りは禁止です。入漁証をお求めの上釣り座にお入りください。
入漁証は見えるところに付けてください。
中学生は身分証が提示されませんと、割引はされませんので保険証や生徒手帳等をご持参下さい。

場所取り禁止について
開店前の釣り座の場所取りは禁止です。受付前にお並び頂くか、開店まで車などでお待ち頂く場合は荷物等を置いてお待ち頂いても構いません。
但し、トラブル防止のためお一人様1つの荷物(5人分のときは5つ)を置くようお願い致します。荷物等の紛失は一切責任を負いませんのでご了承下さい。

追記
入り口ロープ開放前に受付に置かれたお荷物については無効となります。スタッフが解放後(4時頃)入場できます。宜しくお願いします

※釣果報告の写真撮影について
写真撮影はキープされるお客様のみとなります。リリースされるお客様はご遠慮下さい。


☆お知らせ☆
3月18日(土)より夏季営業時間になります。
 一日券  8:00~21:00

  宜しくお願い致します。

☆平日も放流2回!実施中です

平日の放流量がアップします。放流時間は受付にてご確認下さい。
※雨天時は変更になる場合もあります。

ルールに関するお知らせ
●トリプルフックの 使用が禁止になりました。
(お知らせ)
●BBQでの酒類のお持ち込み・飲酒は禁止となりました。
●場内分煙となります。喫煙は灰皿設置場所にてお願いします。
(受付・BBQ場横・下池休憩所)
●忘れ物のお取り置きは6ヶ月を上限に処分させていただきます。あらかじめご了承下さい。


●いっぱいになったスタンプカードは、BBQやエサ釣りで使う事も出来ますが、ルアー・フライでのご利用の際は、3時間分だけではなく、一日券(一般4900円から)3時間券の2950円分を引いて精算が可能です。
受付の際に、いっぱいになったカードとご利用時間をお伝え下さい。

☆アルコール類の持ち込み・飲酒について

昨年より場内において、アルコール類の飲酒は禁止となっておりましたがこの度バーベキューを利用しない、ルアー・フライ・エサ釣りのお客様に限り飲酒を解禁させて頂きます。ベンチ・休憩所などをご利用下さい。
尚、引き続きバーベキュー中、及びバーベキュー場での飲酒は禁止となりますので宜しくお願い致します。

次回の無料イベントのお知らせ
 ロブルアー
受付横にて4月9日 日曜日 9時から15時頃

水温 約13.5度~15.0度 (日中の水面付近)で推移。平日放流は11時頃です。土日の放流は人数にもよりますが、晴れていれば4回程度(上下池)ミックスポンドは
午前、午後各一回を予定しています。上下の池は2時間置き程度で放流が組まれます。詳細は当日の受付前のホワイトボードにて発表します平日は午前11時(毎日)と午後も放流を予定します(雨は中止の場合あり)午後の放流はスタッフの関係上13時から15時と不確定ですので
外出される際は受付で放流の有無を確認して下さい。

過去の「あれこれ日記」はこちらです。







2017年3月23日木曜日

釣り仲間内ではいい魚を釣ると、ご祝儀的に皆さんにオゴル古い習慣があります。。
そうゴルフのホールイン・ワン的なのね。釣れてニヤニヤ画像もバシバシ。リリースして
ふと我に返るわけですわ。(オゴリの当落選上は尺でしょう・・まぁセーフでしょ)
と思い返す通り尺には程遠いのですが、この河川独特のパーマークと朱を纏った
体高のあるザ本流スタイルのアマゴを肴に呑むとお酒もすすむ訳です。そんな気分よく
呑んでいれば「オゴッちゃうよ~」ってボケツを掘るのも目に見えています。

                             

2017年3月20日月曜日

 昨日の釣果報告にのっているもりしま様。釣ったのはアマゴの50センチ。何故に再登場かと
申しますと以前私がドライフライで狙い続け、フラレ続けた魚なのです。放流から半年ほどが
経ち、いまやCGと化したかに思えていた立派なアマゴがまだ何匹も居ますが、何かの
タイミングで口を使うようです。更に使ったルアーがすそパオリジナルのフェザージグ。私が
巻いたジグなのです。なんだかドライフライの借りを返していただいた気分で、
人のフンドシで相撲をとりながら踊っちゃう?・・って気分です。

                                

2017年3月18日土曜日

 手始めにバケツの周りでスリスリ行動。で、お咎め無しならオモムロに手を掛けて・・・
 何も言われなければ水の中だろうが、爪付きのフックを飛ばすコハルちゃん。
 このバケツにはお客様のお魚が入っていたため、コハルに回らず。仕方なくカリカリ
 キャットフードを貪っておりました。
 最近、体重計は怖くて乗ってないとか!?


               


2017年3月17日金曜日

明日から営業時間が21時までとなります。一日券は8時からですので、フルに釣ると
13時間耐久なのです。日が落ちるとまだまだ寒いので、防寒対策を忘れずに
お出かけ下さい。

2017年3月14日火曜日

サクラマスとかコーホーサーモン入ってます?ってお客様に聞かれることがあります。
どっかのSNSではウチでそういった魚種が釣れました。とさえ記載されているらしいが・・・
管理釣り場は多くの魚種がお手軽に狙える事もあり、私たちより種類に詳しかったりする
事も稀ではありませんが、コレはニジマス。黒点がめっぽう少なく、銀毛が強く、青み掛かった  
綺麗なブルーバックが特徴のドナルドソン。いわゆるニジマスです。40センチ前後ではありますが
赤身のトルクには敵わないもののスピード、スタミナ共にコッチのほうが上手。ラインを切って
いく犯人はこの子達のほうが多いかもしれません。
水の色を写し込んだブルーバックのワイルドレインボーを追いかけて、本栖湖通いしたのが
アホらしく感じる最近の管釣りです。

           

2017年3月13日月曜日

三島から修善寺に向かう通称「伊豆っぱこ」電車です。先日お誘いにのって、日本酒列車に
乗ってみました。貸しきられた電車に乗るのは日本酒を呑み尽くしたい方、80名。
飲み放題で振舞われる地元の酒蔵で造る日本酒が用意され、コレまた地元で捕獲された
イノシシやシカがジビエ料理として登場。
私たちのような魚生産者の売り場が、スーパーの鮮魚コーナーから釣堀に変化したように
害獣の動物を無駄にすることなく販路の模索やイメージアップを狙う努力が感じられます。
ただ横に縦に揺れる電車に日本酒はかなりヤバイ事だけは知っておいたほうが良かったの
かもしれません。

            

2017年3月11日土曜日

ウグイスが鳴き始めました。春ですね。おなじみのあのウグイスのフレーズ「ホーホケキョ」は
練習するってどっかで聞いたことがありましたが、聞いていると字余りだったり、舌っ足らずだったり
足りなかったり、黙って聞いていられないくらいツッコミどころ満載です。どこかからか聞こえて
きますので、是非聞いてみてください。
日に日に水生昆虫の種類も多くなってきた感じです。釣り人が多いと怖がってライズもしにくい
ときでも、表層に意識は有りますので、ソフトハックルや半沈みタイプのパターンにも反応
してくれると思います。

2017年3月6日月曜日

ライズが有れば強い見方になるフローティングピューパ。各種。かれこれ20年ほど前に
流行った半透明のボディーレースが余っていたので、久しぶりに巻いてみました。
ドライフライの中でも、このような水面下に張り付くタイプのパターンは、鳥や人間に警戒している魚でも口を出しやすいステージのフライです。フライに目掛け浮上する魚が確認出来ますが、
即合わせはNG。やっちゃった経験談はいくつもあります。
フライが消えるか魚が戻るタイミングでゆっくり合わせるとすっぽ抜けは減ります。魚が浮いてくる
時間帯にはおススメのフライです。

             

2017年3月5日日曜日

花粉症対策として眼鏡屋さんに提案されたゴーグル型の偏光グラス。紅〇豚のポルコとか
バイク乗りがかけているアレにTAREXを装備した本格派です。ありがたいことに、わたくしには
症状が無いのでお断りしましたが花粉症デビューのコハルに着けてあげたいものです。
静岡は昨年の数倍の飛散をするらしい各花粉ですので、お出かけの際は万全の準備を
お願いします。
            

2017年3月4日土曜日

雨だった私の休日。渓流開幕には「もってこい」のすばらしい好条件です。
半年振りに流れに立つ喜びを噛締めながら、ドライフライを流れに置いていきます。。。
雨は強弱を繰り返す中、南風と共に雨は止み、一斉にガガンボやコカゲロウが舞い上がります。
お昼過ぎ。経験的にコレが今日一番のチャンスタイムと取っておいた平瀬にフライを流す
流す・・無音。アレ?次のポイントも・・ならば瀬からプールにポイント変更するも、完封完全試合。

             

水温ぬるむこれからが本番ですが、拘った釣り方を貫くと結構な確立でボウズにされる某河川。
釣れねぇ~って吼える割に楽しめてしまう不思議な釣り。ではなく体質か?

2017年3月1日水曜日

ご近所の河川 湖の解禁の日です。エリアに来ている釣り人の中には、ネイティブも
やられる方もいますので、お客様は減少傾向に有り、辛いところでは有りますが、
河川に放流された魚を求めて行くのは何も釣り人ばかりではなく、鵜やサギの類の
魚を食す厄介な鳥類も同じようで、コチラも来場数は減少傾向になります。
正直なもので住処の近くにマス類が放流されれば、ルアーが飛ぶ危険で遠い池に来るより
効率的だと言ってました。ビュッフェスタイルだし・・
と、感じさせるほど確実に減るのですが、当然人間が魚を釣りきってしまう、寂しい河川環境の
日本において、ウチに鳥が戻ってくるのも時間の問題。最近じゃ沖釣りの時に見かけるカモメも
飛来していました。近くの淡水の温水地を住処にしているようで、二度見しちゃいました。

2017年2月25日土曜日

今シーズンの渓流解禁を数日後に控え、フライ製作のタイイングにもやっと熱が
入ってきたところ。なんだかんだ大人になっても夏休みの宿題と進行は酷似しており・・
オフに入って10月からしばらく真面目にタイイングは続き、夏休み初めもなんとなく出来る
範囲の宿題をこなし、夏休みで言う真っ盛り的な時期に、ワカサギだカワハギだの遊びに
興じるのは「中だるみの二年生」って言われていましたっけ。
開幕直前に帳尻をあわすのは、宿題ラストスパートをしていたのと全く同じリズムです。
やれば出来るじゃんって自信を持つとロクな大人にならない見本ですかね。

2017年2月22日水曜日

燻製はそのまま開けて食べられるように味も付いているわけですが、多く聞くのが
サラダやパスタにトッピングする「やくみ」的な使い方。なるほどね・・とやってみると
マヨネーズとはベストマッチです。元マヨらーの私だからではなく納得の組み合わせです。
そういえばビーフジャーキーやイカの燻製にもマッチしますしね。
ツマミ以外でも使えるじゃんって・・ちょっとうれしくなります。あんな、こんなアレンジが
あったら是非教えて下さい。

2017年2月20日月曜日

凄い風です。こんな次の日は花粉症の方が気の毒でなりません。今のところ
私は縁が有りませんが、許容量が満タンになると発症するという厄介なアレルギーらしいですね。
狩野川や芦ノ湖に通う釣り人としては、あれほど気持ちのいい空気を深呼吸できないなんて
もったいない限りですが、山の木々が黄色い花粉を吹き上げている様を、遠目からでも
ハッキリ確認できるので、深呼吸も自重したくもなります。
縁が無いとはいってもここ数年怪しいもので、風邪と偽って気を張っている節もあるような・・
これからの季節どんどん釣りモノが増え楽しくなります。季節の変わり目に差し掛かって
きましたので、体調を整えて釣りに出かけましょう。

2017年2月19日日曜日

おやつをもらって上機嫌な戸祭氏。本日はリプライ様とアーキテクト様のイベントが
ありました。トップウォーターはヒットの瞬間が見えるのが楽しいところ。
トップウォーターよりスプーンやプラグの方が釣れると思っていたお客様に、ハリが付いた
ルアーを投じるのですから、トップウォーターが不利だという理屈は無いはずだ!って
やんわりトップへ誘うと、それなりに釣れていました。掛からなくても出ただけでも楽しめる
ますし、周りが投げていなければチャンスは余計に増えるものです。


           

2017年2月17日金曜日

朝は南よりの温風。大風吹いて曇って雨。で西よりの冷たい風で、魚は次第に沈むと・・
春一番もといっていましたが、思ったより暖かくなかったので、どうだったんでしょうか。

一日券で釣りをするとして今日のように段々魚の活性が落ち着いてくると、印象もシリキレトンボ
のようで、よろしくありませんが、放流以外のどこかに、「今日のハイライト」が有ると思われます。
たとえ小さなものでも釣りを振り返ればアレか?なんて事は管釣りでもネイティブでも起こります。
まぁネイティブの場合気がついたときには、手遅れな事は身を持って痛い目に遭っていますので、
承知しております。追いが良くなったり、少し浮いてきたとか、僅かな変化を感じる洞察力的が
特に赤身のようなスレた大型魚には、釣り易いタイミングと思われます。必ずでは有りませんが
風の吹き始め、終わり、雨も然り。晴れから曇り、逆もまた、そんなタイミングです。

2017年2月15日水曜日

アングリング・ファン緩い系大人気連載。「美女と野獣」ではなく水面楽釣のリプライの
戸祭氏が取材していました。トッププラグ縛りですので、魚が浮き気味のミックスポンドを・・
とおススメしておきましたが、心配無用とばかりに上の池から順に釣果を伸ばしていったようです。
トップゲームでは釣れそうな個体や掛けるタイミングなど、クリアウォーターならではのテクニック
的なレクチャーが入りそうで入らない、感性で釣る天才肌。ですが、常に笑いを探す小難しいこと
無しの面白い釣り芸人を展開する同氏。
19日の日曜日に、そのリプライ様とコレまた天才肌、首藤武蔵さんのアーキテクト様が
イベントを行います。お楽しみに。


2017年2月13日月曜日

某メーカー様の話によると、今年のフィッシングショーに登壇してもらったユーチューブ職人さんが
並み居る有名プロアングラーの非ではないお客さんを集めていたようで、釣りの業界にもSNSが
深く浸透している時代の変化を感じざるを得ません。
何が来るか分からない時代ですので、お客さんの志向を敏感に察知していないと取り残されて
しまいそうです。大物志向、数志向、拘り派志向・・・釣り人のニーズはかつてより、多様化し
高く、ピンスポットを指してきます。コレも健全な拘りの一端なのかもしれません。
そんなわけで日々の放流は続くのです。

2017年2月12日日曜日

一月の後半にインフルエンザなぞにかかっていたため、燻製の仕掛かりが途切れて
しまいました。現在売り切れ中で申し訳有りません。そもそも、燻製工程はソミュール(塩漬け)に
漬けてから出来上がるまで、早くて一週間。その空白の数日が今になって響いている訳ですが
焦って仕上げても仕方有りません。拘り始めたらキリがありませんが、拘らなければ
大量生産の工業品となんら変わらないのです。と、品切れをかっこよく言い訳するワタクシ。
年々手間数を増やしているので、もう少しお待ち下さい。

2017年2月11日土曜日

天気予報でも聞かされていなかった雪でしたので、多くの方の出足に影響したようです。
そんな中、東京から5時間掛けて赤身を是が非でもと・・・なんて方もいらっしゃって責任の重さを
感じるのです。一般的なニジマスも40センチくらいは有りますので、それなりに楽しまれて
いましたが、受付に赤身使用の燻製を「売ってます」とお伝えしておきました。
結果はタイムアップまでのお楽しみですが、味わうことで次へのモチベーションになってくれればと
思います。
 
数時間で雪は消えました。。。